【キャンドル初心者】芯のコーティングの仕方


自分自身に灯し、その明かりでまわりを照らす人生に!

ママをサポートするマミーリングキャンドル竹嶋初音です*

 

✻芯のコーティング✻

コーティングは、火を点火しやすく、安定した炎にするために行います。

 

溶かした70~95℃ぐらいのワックス(ロウ)に芯を一度浸します。

   

最初は気泡がワッでますが、すぐに収まり

落ちついたら出します。(5~10秒ぐらいです)

 

次に、余計にワックス(ロウ)をふき取り、まっすぐな状態で固めておきます。

 

座金が必要な場合は、座金に芯をさしてから、ラジオペンチで座金の穴を潰し、芯が抜けないように固く閉じます。

 

  

もし、失敗しちゃった場合は、こんな感じで簡単に修正できます。

✻座金の固定の仕方✻

座金の裏面に溶かしたワックス(ロウ)をつけて

芯を容器の中央に置き

割りばしなどで、容器の底面に押しつけ、芯を安定させる。

 

以上が、芯のコーティングの仕方と座金の固定の仕方です。