蓮の花に込められたメッセージ 


子どもの無限の可能性を発揮させる子育て

ママの心に火を灯す

マミーリングキャンドル竹嶋初音です*

。+゚+。。*゚゚   。+゚+。。*゚゚   。+゚+。。*゚

 

今日は、お正月ぶりに揃った長女と二男に

付き合ってもらって、近くの蓮の花畑にいきました♡

 

お盆の時期に、蓮の花が咲く事も、意味がある気がして

きっとすべてが、絶妙なタイミングで調和し合っている中に、

生かされているんだろうな~と、幸せな気持ちにさせてもらえました。

 

蓮の花は、真水に近い綺麗な水だと、小さな花にしかならず、

泥水が濃ければ濃いほど大きな花を咲かせるそうですね*

 

☆泥水は、

つらいこと・悲しいこと・大変なこと

☆花は、

その人生の中から一歩抜けて花を咲かせる

☆花の中にある実は、

「悟り(迷いがなく安定した心)」を意味して

 

『人間は、つらさや悲しみを味わうからこそ、悟ることができるんですよ』という

後世の私たちへのメッセージとして、

仏像は、蓮華の台に座しておられると言われているみたいですね♡

蓮の花は、

つぼみが水中から立ち上がり20日ほどで開花し

たった4日間咲くだけ・・・

365日のうち、ほとんど泥の中ですね(^-^;

 

しかも…

1日目は、

早朝につぼみの先が少し開き、夕方には閉じて

2日目、3日目と、

少しずつ開き、夕方には閉じて

4日目には、

完全に開ききり、しだいに散りはじめ

夕方には完全に散ってしまうそうです(>_<)

 

開いては閉じて、開いては閉じて・・・

ゆっくり休憩しながら咲かせるなんて、

 

“焦らなくてゆっくりで大丈夫よ”

っていうメッセージにも感じ取れるようですね✧︎*。

悲しみやつらいことは、

実はとっても大事ことです。

だからこそ

変えようと努力することよりも

その状況もかみしめることが大切になります。

 

いつの時も人生の充電期!

 

次に咲く準備をしているだと受けとめ、

自分にたっぷりと栄養をあげる時期だと信じること。

 

そして、葛藤しながらも

出来ることをコツコツやっていくことが大事なのかもしれませんね٩(ˊᗜˋ*)و

 

子どもたちがびっくりするぐらい、

どんどん大きな花を咲かせていく

ママの姿を見せていきたいですね♡

 

 

。+゚+。。*゚゚   。+゚+。。*゚゚   。+゚+。。*゚゚

蓮の花には、まったく興味ないのに、

わたしを喜ばせるため 暑い中付き合ってくれた

子どもたちに感謝してキャンドルを灯します。

 

最後までお付き合いいただき、
ありがとうございました(ㅅ´ ˘ `)♡